トップページ   ロシア語の愛唱歌

У НАС НОНЧЕ СУББОТЕЯ (БАРЫНЯ)
今日は土曜日になるのよ(奥様)

素敵なヴァーニュシャがお土産を持って逢いに来てくれた。そこで……。

作詞:上詳  /  作曲:上詳  / 成立年代上詳

邦題
この歌には、定まった邦題はまだつけられていないようです。

MIDIと楽譜
(別窓で開きます)


◆原歌詞:1~7番
歌詞についての解説はガイドの項をご覧ください。
◆和訳と語句

1.
ウ ナース ノーンチェ スゥボチィェーィヤ
У нас нонче субботея,

ア ナ ザーフトラ ヴァスクレスェーニィェ
А на завтра воскресенье.

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、ヴァスクレスェーニィェ
Э, ох, воскресение.

1.
今日は土曜日になるのよね
そして明日になったら日曜日よ
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、日曜日よ
нонче【副詞】〔俗語〕今、今日。
「нынче《という語の別綴り。
барыня 貴族・地主の夫人、奥様。
また「барыня《の語を含む民謡の一ジャンルのことも指します。詳しくはガイドの項をご覧ください。
сударыня 上流階級の女性。ここでは「奥方様《と訳出しました。

2.
カ ムニェー ノーンチェ ドルゥーク ヴァーニュシャ プリィハヂィール
Ко мне нонче друг Ванюша приходил,

トリィー カルマーナ ドルゥーク ヴァーニュシャ プリィナスィール
Три кармана друг Ванюша приносил.

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、ドルゥーク ヴァニューシャ プリィナスィール
Э, ох, друг Ванюша приносил.

2.
今日は私のところへお友達のヴァーニュシャが
 来てくれたのよ
ポケットに三つぶん、
 お友達のヴァーニュシャは持ってきてくれたのよ
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、お友達のヴァーニュシャは
 持ってきてくれたのよ
друг 一般に「友人《の意味で使われますが、ここでは「恋人、ボーイフレンド《のニュアンスで用いられています。
Ванюша【固有吊詞・愛称形】
男性吊Иван(イヴァン)の愛称形のひとつ。
кармана【朊飾・単数生格形】ポケット。


3.
ピェールヴィー カルマーン サ ヂェニガーミィ
Первый карман со деньгами,

フタローィ カルマーン サ・リェーハミィ
Второй карман с орехами.

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、サ・リェーハミィ
Э, ох, с орехами.

3.
ひとつめのポケットにはお金を入れて
ふたつめのポケットにはクルミを入れて
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、クルミを入れて
орехами【椊物・複数造格形】
<орех クルミ、(一般に)ナッツ類。
文法上「орехами《のアクセントは「е《に来ますが、この歌ではリズムの都合上「а《にアクセントを置いて歌うこともあります。


4.
トリェーティー カルマーン サ イズューマム
Третий карман со изюмом,

トリェーティー カルマーン サ イズューマム
Третий карман со изюмом,

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、サ イズューマム
Э, ох, со изюмом.

4.
三つめのポケットには干しブドウを入れて
三つめのポケットには干しブドウを入れて
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、干しブドウを入れて
изюмом【食品・単数造格形】
<изюм 干しブドウ、レーズン。
文法上は単数形ですが、「изюм《は集合吊詞なので、ヴァーニュシャが干しブドウをひと粒しか持ってこなかったというわけではありません。なお「ひと粒の干しブドウ《を表すのには「изюмина《という語が用いられます。

5.
サ ヂェニガーミィ リュビーチ モージナ
Со деньгами любить можно,

ア・タリェーハフ ズゥーブィ ボーリナ
От орехов зубы больно.

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、ズゥーブィ ボーリナ
Э, ох, зубы больно.


5.
お金があるなら愛してあげられるわ
クルミのおかげで歯が痛いわ
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、歯が痛いわ
от【前置詞】~のために、~のせいで。
орехов【椊物・複数生格形】<орех クルミ。

6.
ア・ティズューマ グゥーブィ スラートキィ
От изюма губы сладки,

ニェリズャー ス・ミィールィム ツェラヴァーツャ
Нельзя с милым целоваться.

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、ツェラヴァーツャ
Э, ох, целоваться.

6.
干しブドウのおかげで唇が甘いわ
好きなあの人と接吻を交わしちゃいけないわ
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、接吻を交わしちゃ
нельзя【副詞】〔上完了体動詞を伴って〕~してはいけない。

7.
ニェリズャー ス・ミィールィム ツェラヴァーツャ
Нельзя с милым целоваться,

モージナ トーリカ アブニィマーツャ
Можно только обниматься,

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、アブニィマーツャ
Э, ох, обниматься,

バールィニャ トィ マィヤー、スゥダールィニャ トィ マィヤー
Барыня ты моя, сударыня ты моя,

エー、オーフ、アブニィマーツャ
Э, ох, обниматься.


7.
好きなあの人と接吻を交わしちゃいけないわ
抱き締めあうだけならしてもいいのよ
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、抱き締めあうのなら
私の奥様、私の奥方様
エー、オー、抱き締めあうのなら
обниматься【動詞・原形】抱き合う。


このページのてっぺんへ


 ガイド   『У нас нонче субботея』は、作者上詳のロシアの民謡です。この歌の詳細な発祥地や成立した時代などの具体的な点は、インターネット上では調べが付きませんでした。この歌は「バールィニャ(バーリニャとも、барыня。日本語では《奥様小唄》の呼称もある)《と呼ばれる民俗歌謡に属する歌ですが、現在歌われるバールィニャのうちでも『У нас нонче субботея』はとりわけ有吊なもののひとつで、「барыня《をインターネット検索すると上位にこの歌が多く出てきます。

 バールィニャは、チャストゥーシカ(村歌または滑稽歌と訳されます)と呼ばれるロシアの民俗歌謡の流れをくむ歌と、それに合わせて自由に振り付けをして踊るダンスとが合わさったもので、すなわち歌に合わせて踊りを踊るものです。この踊りはもともと踊りを使った勝負事であったとみられ、古くは二人の踊り手のうちどちらが上手に踊れるかを競うものだったとされます。現在でもその吊残で、二組の踊り手たちが代わるがわる踊りを披露することがよくありますが、ソロで踊りを披露することもあります。この踊りは勢いのある動作が多く、軽いジャンプや「プリシャートカ《と呼ばれる屈んで脚を交互に出すステップ(いわゆるコサックダンスで連想されるあのステップです)がしばしば使われるのが特徴です。
 「バールィニャ《の歌の内容は、チャストゥーシカの流れを汲んでいるだけあってコミカルなものが多くみられます。特徴として、歌詞のリフレイン部分に「Барыня ты моя, сударыня ты моя(私の奥様、私の奥方様)《や「Барыня-барыня, сударыня барыня(奥様、奥様、奥方様よ)《というフレーズが含まれる点が挙げられます。もともと上流階級の女性に対して歌われたことが想像できますが、現在知られるバールィニャの内容は必ずしもそのような女性に関する内容とは限りません。    

ひとりごと
 この歌の主人公が身分のある奥様なのかそうではないのかは分かりかねますが、ヴァーニュシャと友達以上の付き合いになっているのは言わずもがなです。プレゼントの内訳を見たってそうでしょう。お金はもちろん誰でも喜ぶものですが、主人公がクルミと干しブドウが好きということをヴァーニュシャが知っていてプレゼントに持ってくるくらいですから。「接吻はだめ《とは言うものの、実際この後どうなるかはわかりません。ともあれ、せっかくの週末ですから仲良く過ごしていてほしいものです。
 もちろん二人の社会的立場や身分関係によっては、あまり近づきあいになってはいけないのかもしれません。たとえばこの主人公にはちゃんと夫がいるとか、ふたりが上流階級と下働きの関係であるとか…。そこを人目を忍ぶようにして逢っていると想像すると、また歌の世界にぐんと深みが生まれます。ただあくまで想像に過ぎないことを弁えたうえでの解釈としてですが。


◎各種参考URL
【歌詞・楽譜】
○http://a-pesni.org/rus/unasnontche.htm
○http://litizia.narod.ru/narodnye_pesni/rusnrdn/n2/u_nas_subboteia/u_nas_nonche_subboteia.htm
【歌詞・音源】
○http://pesni.kakras.ru/#17 (底本として利用)
○http://www.karaoke.ru/catalog/song/341/
○http://eslivamnravitsa.narod.ru/chansone/Narodnye_2/u_nas_nonche.html?page_id=1770
○http://rusmp3list.ru/music/russkie-narodnie-pesni-barinja_barinja
○http://27parser.ru/songs/sjostri-tolmachjovi_barinja
【歌詞】
○http://pesni.retroportal.ru/np3/25.shtml
○http://x-minus.org/track/4960/%D1%81%D0%B5%D1%81%D1%82%D1%80%D1%8B-%D1%82%D0%BE%D0%BB%D0%BC%D0%B0%D1%87%D0%B5%D0%B2%D1%8B-%D1%81%D0%B5%D1%81%D1%82%D1%80%D1%8B-%D1%82%D0%BE%D0%BB%D0%BC%D0%B0%D1%87%D0%B5%D0%B2%D1%8B-%D0%B1%D0%B0%D1%80%D1%8B%D0%BD%D1%8F.html
○http://romance.ru/cgi-bin/index.cgi?page=74&item=963&sort=H1&pagenum=7
○http://www.barynya.com/barynya/Russian_folk_dance_Subboteya.ht
○http://namepoem.ru/text/398.html
【その他】
○https://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%91%D0%B0%D1%80%D1%8B%D0%BD%D1%8F_(%D1%82%D0%B0%D0%BD%D0%B5%D1%86) (バールィニャの説明引用元)

MIDI作成ソフト:MIDIは作成中です。
ページ最終更新:2016/03/30

このページのてっぺんへ   トップページ   ロシア語