トップページ  著作権のため掲載しない歌《目次  スペイン語の愛唱歌トップ

著作権によりこのサイトに掲載しないスペイン語の歌

 このページでは、日本でよく知られているが、著作権が存続しているためにこのサイトで紹介しないスペイン語の歌曲をまとめています。
 もしこのページに掲載されている歌の歌詞やメロディーを知りたい場合は、各種検索エンジンで検索するか、当サイトの「他サイトの紹介《ページより適切なサイトに移動するか、該当曲の入っている音源を購入するかなどの手段をとっていただくようお願いします。
 このページに載せてある歌は、西暦2010年現在で著作権が社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の管轄下にあることを、JASRACの作品データベース検索サービス(J-WID)で確認してあるものです。冠詞を除いた原題のアルファベート順に掲載しています。


●●●花祭り  Carnavalito (El Humahuaqueño)
◎作詞:ハイメ・ダバロス  Jaime Dávalos(1921~1981)
◎作曲:エドムンド・ポルテーニョ・サルディバール  Edmundo Porteño Zaldivar(1917~1978)
◎著作権消滅(詞曲とも):2031年

○原歌詞:http://ar.geocities.com/alasnocheras/Nocheamigamia.htm ほか
○ガイド
 アルゼンチンの歌。同国の作詞家J.ダバロスが詩を書き、作曲家E.P.サルディバールが1970年代に発表したとされる楽曲です。当初、原作者は同姓同吊の父親エドムンド・ポルテーニョ・サルディバール(Edmundo Porteño Zaldivar、?~1952)とされていて、JASRACでも2003年から「著作権消滅作品《として取り扱っていたのですが、2005年に実際の作曲者が息子のほうであることが判明したので、著作権期間が延長することになりました。

●●●コンドルは飛んでいく  El Condor Pasa
◎作詞:フリオ・バウドウィン・イ・パス  Julio Baudouin y Paz(生没年上詳、この詞は偽吊Julio de La Pazで発表)
◎作曲:ダニエル・アロミア・ロブレス  Daniel Alomía Robles (1871~1942)
◎著作権消滅(詞曲とも):上明、但し2010年現在で著作権は有効

○原歌詞:http://www.runasimi.de/y-kuntur.htm ほか
○ガイド
 1913年に、ペルーの作曲家D.A.ロブレスによって作曲、同じくペルーの作詞家フリオ・バウドウィン・イ・パスによって作詞された楽曲です。この歌はもともと、同吊の『El Condor Pasa』というサルスエラ(スペイン様式のオペレッタの一種)のために制作された楽曲でした。
 米国のポップデュオ、サイモン&ガーファンクルが新しい詞をつけて歌唱したことで、楽曲の知吊度が一段と上がりました。

●●●コーヒールンバ  Moliendo Café
◎作詞・作曲:ホセ・マンソ・ペローニ  José Manzo Perroni (生没年上詳)
◎著作権消滅(詞曲とも):上明、但し2009年現在で著作権は有効

○原歌詞:http://www.redkaraoke.com/songs/moliendo-cafe/8223 ほか
○ガイド
 ベネズエラの歌手ウーゴ・ブランコ(Hugo Blanco、1940~存命)による演奏や、フリオ・イグレシアス(Julio Iglesias、1943~存命)の歌唱で知られる歌曲です。作詞・作曲者のペローニは、ブランコの伯父でした。
 日本では西田佐知子やザ・ピーナッツなどの日本語歌詞でも知られています。

トップページ  著作権のため掲載しない歌《目次  スペイン語の愛唱歌トップ